サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

歯間ブラシ・フロスを使う

歯間ブラシの画像

口臭の原因にはいくつかありますが、その多くは歯にこびりついた歯垢が問題となっています。
歯垢は雑菌の塊であり、それが繁殖する状態は口臭をひどくさせるのです。

毎日魔磨きをしていても、歯石となった歯垢はなかなか洗い落とせません。
また、口腔内の環境が悪ければ歯垢の元になる細菌はすぐに大量発生してしまいます。

そうした歯垢対策に有効なのが歯間ブラシやフロスです。
歯医者へ行くのが最も確実な方法ですが、忙しい社会人だと時間は取りにくいです。
そこで、歯間ブラシやフロスを使った口臭予防習慣を見てみましょう。

歯間ブラシを使う

数本がセットになった歯間ブラシもあれば、ブラシ部分を取り換えるタイプの物も販売されています。
歯と歯の間に歯間ブラシを突き入れてゴシゴシ擦れば歯垢がごっそりと取れます。
毎日歯磨きをしていても、歯間ブラシを使うと大量の歯垢が取れることは珍しくありません。
歯磨きでは磨き残しがあり、歯垢は気付かぬ内に繁殖しているものなのです。

歯並びがきれいな人こそ、この歯間ブラシが有効です。
誤解されがちですが、歯並びが良くても歯の間に歯垢は繁殖するのです。
相手はナノサイズの細菌なのでほんの少しでも隙間があればそこに歯垢を作り出して行きます。
歯間ブラシは歯の間にもぐりこんだ歯垢を取り除くにとても有効です。

こうした歯垢を除去することで嫌な口臭を予防することになるでしょう。
歯垢を取り除き、食べカスを取り除けば口腔内の環境はかなり良い状態が保たれます。
安くていつでもできる歯間ブラシは口臭に悩む人におすすめです。

フロスを使う

フロスと聞くと聞き馴染みが無いかもしれませんが、細い透明な糸のことです。
透明な細い糸を歯と歯の間に入れてゴシゴシ歯垢を取り除くのが使い方です。

基本的には歯間ブラシと同じものですが、フロスの方がより細かい歯垢を取り除けると考えてください。歯間ブラシでさえ届かない部分の歯垢を掃除できるので、口臭を一刻も早く改善したいならフロスを使いましょう。

ただし、難点として使いづらいことが挙げられます。
歯間ブラシと違って純粋な糸なので、上手く使わなければ歯垢をごっそり落とすことが出来ません。
手軽さでは歯間ブラシですが、歯垢の除去力ではフロスになると覚えておきましょう。

慣れるまで大変かもしれませんが、口臭を抑えるためにもフロスを活用してください。
もちろん、日々の歯磨きを怠ってはいけません。
フロスはあくまでも歯磨きでは取り除けない歯垢を取るサポートの役割です。
毎日5分程度なので面倒に思わず歯の手入れをしてみましょう。
口臭が良くなった時、フロスの力を実感するはずです。