サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

虫歯も異臭の原因に?

虫歯にかかってしまった子供

子供の頃に抜けた乳歯のにおいを嗅いだことがあれば、ブラッシングしている歯でもどれだけ臭いかがお分かりでしょう。それが虫歯なら、異臭レベルも半端ではないはずです。

口臭を引き起こす虫歯ができるまで

口内には無数の細菌が潜んでいます。
その細菌は、食べカスを分解すると酸を作り出します。

食べカスは歯の隙間に残ることが多いため、物を溶かす酸の働きにより歯に穴があきます。
すると細菌は穴の中にも入っていき、うがいや歯磨きでは取り除けなくなっていきます。

虫歯写真にはよく黒い塊が写っていますが、これが細菌の塊です。

多くの人は虫歯になった歯が臭いと勘違いしていますが、異臭の原因は細菌の塊です。もちろん治療を行わない限り、細菌はひたすら酸を出し続けて穴をあけるため、歯茎にまで到達すると炎症が起きます。

症状が悪化すると歯周病となり、虫歯に付着した細菌と一緒に歯茎からも異臭が出ます。

虫歯から出る異臭の予防方法

虫歯にかかってしまったのなら、歯医者へ行き治療するしか手段はありません。痛みが無い場合でも、虫歯からくる口臭は腐ったようなドブ水に近い臭いがしますので、周りにも迷惑をかけてしまいます。

虫歯の本数を増やさない、虫歯にならないためには、唾液の量を増やすと良いです。
唾液には細菌の働きを弱め、除菌する作用が備わっています。
口の中が乾きがちな人は、水分補給を怠らないようにしてください。
口内の乾燥は細菌の活動を高めるため、とても危険です。

そして起床後と就寝前の歯磨きは、細菌を取り除く上で大変に効果があります。朝起きた時は細菌が口内にたくさんいますし、寝る前に歯を磨けば寝ている間の細菌増殖を抑えることができます。

昼食後などに口うがいをするなら、オキシドールを使うと良いです。
過酸化水素水と呼ばれる液体で、薬局やネットショップでも気軽に購入できます。
殺菌効果に優れており、値段も500ml製品が200円~500円と安いです。

歯科医院だけが虫歯治療の病院ではありません

虫歯を治すために歯医者へ行くと、かなりの確率で抜歯されます。
歯を削ったり抜くという行為は、痛みが伴うため苦手な人も多いはずです。

近頃では極力、抜歯をせずに精密機械を使用した虫歯治療を手がけるクリニックもあります。

専門クリニックではカウンセリングを通じて、どのような処置が適しているのかを判断し、人それぞれで異なる治療スケジュールを組み立ててくれます。

痛みが苦手な人は無痛施術を実施しているクリニックを選ぶと、不安感も払拭できます。

そもそも強烈な口臭の原因が虫歯だけとは限りませんので、正確な診断を下してくれる病院にて虫歯を見てもらいましょう