サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

ホルモンバランスと口臭

ホルモンバランスと口臭の関係性

ホルモンバランスの乱れにより、口は臭くなります。
男性よりも女性の方がホルモンバランスは乱れやすいため、女性特有の口臭症状とも言えます。色々な予防や対策を施したけれど、一向に口臭が治らないという場合は、ホルモンバランスに原因があるのかもしれません。

女性特有の口臭とは

生理や排卵、妊娠、出産といった体調の変化が起きると、女性ホルモンは乱れやすくなります。また年齢を重ねて女性らしい体へと成長する、閉経を迎える過程でも、ホルモンの分泌量は増えたり減ったりするのです。

そのため女性にとっては、誰しもがホルモンバランスによる口臭を経験する可能性があります

特に生理中は、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が減少するため、比例して唾液の量も減ります。
口内の唾液が不足してしまうと、口が乾きますので口臭は強くなります。

唾液不足は口内の細菌を増やしてしまい、歯周病へと発展する恐れがあります。
歯周病になると歯茎から血や膿が出ます。

症状が悪化すると、タバコやコーヒーが原因の口臭よりも強い悪臭を放出し始めるのです。
ホルモンの影響が歯や歯茎に及んだら、必ず歯医者へ行き治療をしてください。

ホルモンバランスが乱れると男性の口臭もきつくなる

生理的口臭は、女性だけが発症するわけではありません。

年を取れば、男性も影響を受けるのです。
50歳を境に更年期へと差し掛かると、ホルモンバランスの乱れは男性にも襲いかかってきます。
女性特有の口臭と同じように、口が乾燥したり、歯周病を患いやすくなります。

そして若い世代の方も、ストレスや過度なダイエット、不規則な生活により、生理的口臭が起こります。ストレスが溜まると臓器の機能が低下しますので、複数の問題が重なり合って口臭は臭くなります。

規則正しい健康的な生活が口臭を予防してくれる

生理や加齢を人間の力で食い止めることはできません。原因を解決することは不可能と言えますが、口臭予防を日常生活に取り入れることは可能なはずです。

運動をしない、偏った食生活、喫煙、ストレスの蓄積を感じるのなら、意識して健康的な生活へと変えれば口臭も抑えられます。

全てを完璧に実行するのではなく、階段を上る、毎食野菜を1品食べる、タバコの本数を減らす、カラオケへ行くだけでも症状は軽くなります。

生理や更年期が原因で口が乾く人は、こまめに水分補給をすることで唾液の分泌量は増やせますので、口内環境を自然に整えられます。

そして正しい歯磨きのやり方を学ぶ、ご飯をきちんと噛む、十分な睡眠、サプリメントを摂取することも口臭対策には重要です。