サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

コーヒーや紅茶と口臭

コーヒーと紅茶

コーヒーや紅茶を飲むと、口の中がリフレッシュされ落ち着きます。
どちらもカフェインが多く含まれていますので、眠気覚ましで飲用する人も多いでしょう。
ところが時間が経つと、コーヒーや紅茶は口臭を悪化させる原因となります。

爽やかな香りから臭いニオイへと変わる仕組み

コーヒーや紅茶には、カフェインという成分が含まれています。

カフェインを過剰に摂取すると、トイレが近くなり、体内から必要以上に水分を排出してしまいます。水分が足りなくなると唾液の分泌量は減りますので、口の中が乾き、息が臭くなります。

唾液には口内の細菌を浄化させる働き、臭いを消臭する働きがあります。こうした唾液に備わっている働きをカフェインの摂取により邪魔してしまうため、時間が経つと口臭を引き起こすのです。

飲んだ瞬間には、コーヒー豆や茶葉の香りが口いっぱいに広がりますので、コーヒーや紅茶は口臭予防に最適な飲み物だと間違えてしまいます。

水分補給をカフェインの多い飲料から補おうとすると、反対に口は臭くなるので注意してください。

ポリフェノールが舌苔を形成する原因を作る

ポリフェノールという成分はコーヒーや紅茶にも含まれています。

サプリメントや健康食品でもお馴染みの成分となりますが、ポリフェノールを過剰に摂取してしまうと唾液の分泌量は減ります。 カフェインの時とは違った流れで唾液が不足するのです。

そして、ドライマウスになると舌苔が増えます
舌苔とは、舌の表面に付着した汚れのことです。
口内に残った食べカス、細菌の分解した蛋白質が舌苔の正体です。

正常な唾液量が分泌されていれば、食べカスも細菌の活動も抑えられていたわけですから、コーヒーや紅茶が及ぼす影響は非常に大きいと言えるでしょう。

コーヒーや紅茶は飲まない方が良いのか

タバコを吸う時や甘いお菓子を食べる時には、欠かせない飲み物です。
口内の乾燥や唾液の分泌量減少を引き起こす作用はありますが、飲まないという選択も口臭を悪化させます。

というのもコーヒーや紅茶を継続して飲んでいた人は、別の飲み物に変えることでストレスを受けます。ストレスもまた口内の乾燥や体調不良といったリスクを招くため、意識して飲む量を減らす程度に抑えた方が賢明です。

口臭予防だけに注目すれば、水だけを飲むべきです。
しかしコーヒーや紅茶の飲用が習慣化していれば、それを止めることも難しいでしょう。

手軽に口臭対策を立てるのなら、飲用後に水を改めて飲む、舌苔ブラシで舌の掃除をすると良いです。