サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

虫歯や歯周病による口臭

口臭予防で念入りに歯みがきする女性

口臭の原因として、虫歯や歯周病は多く見られるケースです。

しかし、時にきちんと歯を磨いているから大丈夫とか痛みがないから虫歯や歯周病ではないと考える人がいます。

サイト案内人

そんな人が口臭の問題を抱えていて、原因が全然わからないと言うことがあります。
そんなときは、虫歯や歯周病を疑うことができるでしょう。

歯周病と口臭

歯周病から来る自分の口臭に眉をひそめる男性

歯周病というのは、ほとんどの場合に、歯と歯茎の間に汚れがついていて炎症するときに発症します。

その汚れがもとで、歯茎が腫れて出血することがあります。
その時に、血の生臭い香りが口の中の汚れと反応し強い臭いを発します。

自分が歯周病かどうか解りにくいことがありますが、デンタルフロスなどを使って血がついていないかどうかなどを確認しましょう。
もし血がついていたら、歯周病が始まっているのかもしれません。

このようなときには歯周病のサインと考えて気を付けたいと思います。

歯と歯茎の間というのは、どうしても普通の歯ブラシでは汚れをきれいにかき出すことができません。
それゆえ、どうしても食べかすや細菌がたまりやすくなります。

そして、それらの汚れが発酵し、口臭の原因となってしまいます。
また、炎症を放置していると、歯茎が痩せてきてしまうので、歯と歯茎の間の溝が深くなってきます。

そうすると、より汚れや歯茎からの膿がたまりやすくなります。
この膿というのは白血球や細菌の死がいでできていますので、かなり臭いもので、これによって口臭が悪化していくのです。

歯周病による口臭を予防

歯みがきで歯周病を予防する

では、どのように歯周病が原因による口臭を予防することができるのでしょうか。

まずは、最低でも朝と夜の二回は歯磨きをするようにしましょう。

唾液の中にはリゾチームと言いう殺菌作用のある成分があります。

これが、歯周病の元となる細菌を殺してくれるのです。
それで唾液が少なくなる睡眠時間中は歯周病になりやすい口内環境ができてしまいます。

そのために、歯周病の元となる細菌を寝る前の歯磨きで減らし朝起きた時には、溜まってしまった細菌を早めの歯磨きで掃除してあげるようにしましょう。

デンタルフロス
口臭予防に効果的なデンタルフロス=歯間ブラシ

デンタルフロスも上手に使いたいと思います。
歯周病の80%は歯と歯の間から発症します。

ですから、デンタルフロスで、歯と歯の間の細菌や食べかすをきれいにするなら、かなりの確率で歯周病を防ぐことができるでしょう。

最近、歯周病予防で注目されているのが、殺菌作用のある歯磨き粉です。
これは、一般の歯磨き粉に比べて、歯周病菌に強く働き掛ける成分を含んでいます。

さらに、歯周病によって腫れてしまった部分の炎症を防ぐ作用もあります。

特に、殺菌力の高いクロルヘキシジンを配合しているものを選ぶなら効果的です。
この専用歯磨き粉を使うときに、効果を高めるために覚えておきたいポイントは磨いた後のうがいの数を減らすことです。

歯磨きの後に、何回もうがいをしてしまうと、せっかくの殺菌成分や炎症抑制成分が流されてしまいます。
うがいは1回から2回程度で十分です。

虫歯と口臭

口臭対策で歯科治療を受ける男性

虫歯というのは歯に穴を開けるものです。
そして、その穴の中に汚れがたまり、発酵して悪臭を放ちます。

そして歯自体が溶けるときにも独特の匂いがしますし、虫歯菌や虫歯によって生まれる酸も臭いの原因となります。

こういったケースの口臭対策は歯科治療です。
では、歯に穴が開く虫歯の場合の治療法はどんなものがあるのでしょうか。

歯医者さんではレントゲンを撮り、穴の深さを確認します。
そして、神経を残すような治療ができないかが確認され、虫歯菌が付いている部分を削る作業をして、空いた穴をセラミックや金属でふさぎます。

その時に、再びその穴で虫歯が進行しないように薬を埋め込む場合があります。

また、虫歯が差し歯の中で進行しているケースもあります。
その中で問題が差し歯の中にあるので、外からは分かりにくく発見が遅れることがあります。

しかし、差し歯の中で虫歯菌や食べかすなどが発酵するので、強い口臭が絶えず感じられてしまうのです。
すぐに歯医者さんを受診しましょう。

サイト案内人

虫歯や歯周病は治療すれば治るものですし、日ごろの歯磨きの習慣などで予防できるものですので、これらの情報を参考にしてきれいな歯を守っていきましょう。