サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

舌にできる舌苔とは?

舌苔の有無をチェックする女性

舌苔とは一体何なのでしょうか。

鏡で舌を見ると、表面に白っぽい苔のようなものがついているのに気が付かれるかもしれません。
それが舌苔の症状であり口臭の大きな原因となっています。

サイト案内人

舌苔について詳しく知り、口臭対策に役立てましょう。

舌苔とは

ストレスで放心状態の口臭症状を抱える男性

舌苔とは、食べ物のかすや細菌の死がい、さらにははがれた口の中の細胞などが舌の表面にくっついているものです。

舌の表面には細かい溝があり、そこに上記の汚れが入り込んで苔のようになっているものが舌苔なのです。
一般的には白色のものが多いですが、細菌の種類によっては黄色や茶色、そして黒色に変化することもあります。

口の中の上皮や舌の上皮というのは定期的に入れ替わっています。
古い細胞がはがれて新しいものに生まれ変わるサイクルの過程で、そのはがれたものが舌の表面にたまっていきます。

特に舌苔ができやすい人は唾液が少ない人です。
ストレスを抱えていたり、特定の薬を服用していたり、病気になっていたりすると唾液の量が減ります。

そうすると口の中の汚れが唾液で流れないので、舌苔ができやすくなります。
高血圧の薬や精神疾患の薬の中には唾液が少なくなるという副作用のものがありますので注意しましょう。

そして、舌の運動機能が低下している場合も、舌苔ができやすくなります。
加齢とともに舌の動きが少なくなってきますので、高齢の方は気を付けるようにしたいと思います。

別の舌苔ができやすい状態は、舌の位置が低いというものです。
本来であれば舌の本来の位置は上あごについている状態で上あごが舌の表面の汚れを擦り取るようになっています。
しかし、受け口や習慣的な口呼吸のために舌の位置が低くなっていると、こすり落とされない汚れが舌の表面に付着してしまいます。

舌苔と口臭の関係

舌苔をチェックする高齢の男性

口臭の原因の60%が舌にあると言われます。

事実、舌苔で口臭の原因となる揮発性硫黄化合物が大量に生産されています。
舌の、後ろの部分に特に舌苔は付着しており、そこにこの揮発性硫黄化合物があります。

この揮発性硫黄化合物というのは、いくつかの口臭原因物質が混ざったものです。
それは、硫化水素と呼ばれ、口腔内に食べかすなどの汚れがあると発生するものです。

もう一つは、メチルメルカプタンと呼ばれるもので、歯周病を原因とするような口臭のケースで検出される物質です。

またジメチルサルファイド歯周病を患っているときに見られる口臭原因物質です。

これら一つずつだけでもかなりの悪臭を放ちますが、これが合わさるとその臭いは強烈なものになります。
臭いだけではなく、体に対して強い毒性を持っています。

その毒性は青酸ガスよりも強力であると言われています。

ですから、揮発性硫黄化合物によって、歯周組織が破壊されたり、口腔内を健康に保つコラーゲン成分の生成が破壊されたりすることがあり、その結果、歯周病を悪化させることもあります。

ですから、この舌苔をケアすることによって、口臭だけではなく口腔内の健康を維持することができるのです。

舌の変化に注意する

口の中の炎症が辛い女性

舌の様子が変化してきたときには気を付けなければなりません。

特に、溝状舌と呼ばれる状態になった時は舌苔が生えやすいので気を付ける必要があります。

溝状舌とは、舌の表面に深い溝がいくつもできることです。
先天的なものというケースもありますし、炎症によってそうなるケースもあります。

その深い溝に汚れが入り込み舌苔ができたり、場合によっては痛みや味覚障害が引き起こしたりすることもあります。

さらに黒毛舌も危険な兆候で舌の上の細かなそれぞれの角質が異常に伸びて固くなり、黒っぽい毛のように見える状態です。
その毛のような角質の間に、カンジダ菌が異常繁殖し、そこで硫黄化合物が作られ、血液のヘモグロビンと結合すると、黒く見えます。

このような状態になるのは、抗菌剤やステロイド剤を長い期間使っているとなりやすいと言われています。

舌苔のケアの仕方

舌ブラシを使って口臭を予防する女性

舌苔というのはうがいできれいにすることはできません。

舌専用のブラシを使って洗い流すのが一番良い方法です。
特に朝起きた時に行うのがよいでしょう。

一日何回もすると舌を痛めてしまうので、一日1回で十分です。
寝ている間というのは唾液の分泌量が減り、汚れが増えており、舌苔が繁殖しやすいときなので、朝に掃除をするのは効果的です。

磨き方は、舌をできる限り前の方に出して、水で舌ブラシを濡らし磨きます。
強くこすらないように気を付けましょう。

奥から前に軽くブラシを動かして、舌苔が取れているかを鏡で確認しながら掃除をしましょう。
くれぐれも普通の歯ブラシで磨いてしまわないようにしましょう。

歯ブラシの毛というのは難かったり、毛先がとんがっていたりして舌を傷つけてしまいます。

特に、味覚を感知する神経を傷つけてしまうことがあります。
さらに、舌苔除去用ジェルなどを併用するとより効果的です。

サイト案内人

口臭対策に加え、口腔内の健康を守るためにも舌苔ケアをまめに行っていきましょう。