サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

原因物質とそのニオイ

口臭の原因のほとんどは口の中に存在しており、臭いの原因となる物質はそんなに多くありません。

口内環境を改善するためにはその原因物質についてよく知り、ピンポイントに退治することが重要です。

早速、主な口臭の原因となる物質をあげてみます。

硫化水素

口臭の原因物質・硫化水素ガスを湧き上げる火口

口臭の主な原因は硫化水素で、かなり毒性の強い物質です。
特に温泉や火山などの付近で発生しており、下水などにも存在する物質です。

これらのガスを吸って死亡する人もいるくらい人体に有毒なものです。
青酸ガスの次に猛毒なガスと言われるほどで、ある程度の濃度のものを吸ってしまうと一時間以内に死亡するほどです。

そんな危険な物質が自分の口の中で発生しているのですから、周囲が不快に感じるのも無理ありません。

実際、口臭の中に存在する硫化水素は濃度がかなり薄いものですし、呼吸の時には外気と一緒に肺に吸い込まれますのでさらに薄くなっています。

極度に恐れる必要はありません。

そのため健康的被害は無いものの、精神的に耐え難い悪臭であることは事実です。

メチルメルカプタン

別の口臭の物質はメチルメルカプタンという物質で、ほんの少しの量でも強烈な臭いを発します。
人によっては腐った玉ねぎやキャベツの臭いがすると表現しています。

私たちが普段食べているものの中にもこのメチルメルカプタンは存在しています。

例えば、チーズです。

口臭の原因物質メチルメルカプタンを含むチーズの盛り合わせ

独特の匂いがするものですが、そこまで不快なものではありません。

しかし、いざこの臭いが人の口からするとかなり不快ではないでしょうか。
それは、この物質と口の中の食べかすや他の菌と反応してより臭いが強調されているからです。

メチルメルカプタンが生成される場所は舌の舌苔と呼ばれる部分で、表面の白くなっている場所です。

細菌達は食べかすや粘膜からできた舌苔を餌として増え広がっていくのです。
特に唾液が少なくなると増殖のスピードが上がるので、寝起きが一番口臭がきつくなる傾向があります。

歯周病が臭いに拍車をかける

メチルメルカプタンの臭いをさらに強力にするのが歯周病です。

歯周病を発症すると、口の中や舌苔が影響を受け、メチルメルカプタンが異常発生します。
実は、詳細な化学反応プロセスはいまだにすべて解明されているわけではなく、日々研究が進められている分野でもあります。

一般的に口臭の中でメチルメルカプタンが占める割合は35パーセント程度とされていますが、歯周病を発症するとおおよそ70パーセントまで上昇します。

日本は潜在的な患者も含め歯周病人口が多いので、このメチルメルカプタンを原因とする口臭がよく観察されます。
ほとんどの人がこの口臭の臭いを食べ物や体質によるにおいと勘違いしているようですが、その原因は歯周病なのです。

特に若い方であれば適切に処置すれば驚くほど速く改善されます。
一日も早く歯科医師に相談することをお奨めします。

ジメチルサルファイド

よくメチルメルカプタンと一緒に観察される口臭の原因物質はジメチルサルファイドで、生ゴミに似た強い臭いがします。

ジメチルサルファイドが作り出されるのはどうしてでしょうか。

それは、体の自然の摂理で行う新陳代謝が原因となります。
口内環境をいつも清潔に保つために、口の中の粘膜は定期的に入れ替わっています。
古い粘膜細胞が剥がれ落ち、新しい粘膜にどんどん入れ替わっているのです。

その剥がれ落ちた粘膜や食べかすのタンパク質成分が反応し、揮発性硫黄化合物となります。
そこで発生するのがジメチルサルファイドなのです。

そして、この臭い物質は食事をした後に胃や腸の中から上に上がってくることから、食後に少し注意しておくとよいでしょう。

また覚えておきたい点として、あまりに口臭がひどく、口臭測定器で計った時にジメチルサルファイドの割合が非常に高ければ、肝臓の病気の危険があります。
肝機能の状態が悪くなっていることを疑いましょう。

肝機能の状態を示すCTスキャン画像

VSC

口臭問題を語る上で必ずで登場するワードが「VSC」です。

これは前項に出てきた揮発性硫黄化合物の略称です。

VSCはここまで紹介した硫化水素やメチルメルカプタン、そしてジメチルサルファイドなどが混じりあったもので、臭いは強烈です。

腐った卵、玉ねぎやキャベツと生ゴミを超える非常に独特な悪臭なのです。

時にはこの臭いが原因で不眠になったりすることがあります。
さらには呼吸障害を引き起こすことがあり、危険性の高いガスとして認知されています。

寝不足気味であくびをし、VSCを吐き出す男性

このVSCは一日の中で強くなったり弱くなったりする傾向があります、
基本的には唾液が少なくなる、朝起きた時やお腹が空いたお昼や夜の食事の前などです。

さらに、舌苔が大量に付着していると、そこを温床にしてVSC発生を手助けしています。

加齢とともに唾液の量は減ってくるという研究結果もありますので、年齢によってもこのVSCの量は増えてくると言えるでしょう。

これらの原因物質が原因で口臭は引き起こされます。

それぞれの物質を撃退するためにも、専門家に相談したり生活習慣を改善したりすることができるでしょう。

サイト案内人

さわやかな口臭で自分も周りの人も快適に生活できるよう予防改善を強く推奨します。