サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

口臭予防歯磨き粉の効果

口臭予防歯磨き粉と歯ブラシ

口臭というのは男性にとっても女性にとっても悩みの種で、一度気になり出すと泥沼です。

そんな口臭対策の一つが口臭予防歯磨き粉です。
事実、この歯磨き粉は市販のものに比べて口臭予防効果が高いと評価されています。

サイト案内人

しかし、本当に効果があるのでしょうか?また、使用する際にどんな注意が必要でしょうか。

口臭予防歯磨き粉に求められること

口臭の原因・虫歯歯と虫歯

多くの人が口臭予防の歯磨き粉に求めることは、刺激が強すぎないということです。
いくら口の中をさっぱりさせたいと思っても、ミントの香りや爽快感が強すぎると毎日使い続けるのを難しく感じることでしょう。

特に、歯周病などの問題を抱えていると傷口にシミることがあります。
ただ、歯磨き粉の刺激が強いかどうかはいざ使ってみないとわかりませんので、比較するときには使った方たちのコメントを参考にしたいと思います。

さらに、大切なのは口臭予防と大きく書かれていないことです。
これって、効果と関係ないと思われるかもしれませんが、結構大切です。

なぜなら、口臭予防歯磨き粉は続けて使わなければ効果が出ないものがあります。
そうすると学校や職場に持っていかなければなりません。

その時に、口臭予防歯磨き粉とでかでかと書かれていれば恥ずかしさが先に立って、せっかく口臭予防をしたくてもなかなか使いずらいと思います。

ですから、継続のためにもパッケージは大切です。

さらに、口臭予防歯磨き粉は口の中の悪い細菌を殺し、良い細菌は守るという効能が大切です。
殺菌力ばかりを強調しているものには気を付けましょう。

口内環境を守るための善玉菌を残す効果のものを選びたいと思います。

効果の高い商品

口臭対策に効果的なハーブ

ある商品は世界の100か国以上で愛用されている口臭予防歯磨き粉です。

この歯磨き粉はジェル状で、歯の汚れと同時に舌の汚れも落としてくれます。
口臭の原因となる舌苔を落としてくれるのです。

口臭予防に効果的なCIO2製剤が入っているのも頼もしいポイントです。

この製剤によって、酵素の力が口の中で働き、口臭成分を根元から殺菌していきます。
煙草を吸っている人でも、この商品を使うと口臭がなくなると評判です。
パッケージも清潔感があり、刺激も少ないので万人向けと言えるでしょう。

別の商品は、9種類の天然ハーブが入っておりかなり良い香りがします。

そして、その香りが息の中に自然と含まれ、長時間持続します。
古代のヨーロッパでも重宝されていたという消臭効果の高いオーガニックハーブが配合されています。

特に口の中の、悪い菌に働きかけ、きちんと善玉菌は守ってくれるというのが安心できるポイントです。

加齢によって、口内環境の殺菌力が弱まったり、口臭が強くなったりしている人にお勧めです。

そして、刺激が少ないですが効能が高い商品もあります。

自然由来で刺激が少ない柿渋成分を使っている歯磨き粉も口臭予防には効果が期待できます。
ただパッケージがちょっと派手なので好みが分かれるかもしれません。

この商品はカキタンニン・フルボサンという成分が配合されており、保湿効果が高いものです。

ですから、歯磨き粉特有の磨いた後にスース—する感じがほとんどありませんので歯槽膿漏の問題を抱えている方にお勧めです。
これらの口臭専用の歯磨き粉は一般的な歯磨き粉よりもかなり口臭予防能力が高いと言えます。

色々なバリエーションの口臭予防歯磨き粉がありますので、色々と比較して、自分に合ったものを探してみましょう。

蓄膿症を抱えている方に

口臭の原因・蓄膿症に効果的ななた豆

口臭の深刻な原因の一つに蓄膿症があります。

蓄膿症の場合は膿がたまっており、治療をしても、癖となりまた溜まり始めてしまう人もいます。

そうすると膿の臭いなどが口臭として外に吐き出されてしまうことがあります。

さらに、蓄膿症の場合は自然と口呼吸になってしまいます。
そうすると、口内の唾液の量が減り、口臭の原因となる悪い細菌が増殖します。

そういった場合に有効な歯磨き粉が、なた豆配合の歯磨き粉です。
このなた豆というのは、つる性の一年草で、熱帯地方でよく収穫されます。

このなた豆は膿を外に出す作用があり、蓄膿症や歯周病のための民間療法で昔からよく用いられてきました。

さらに、付加的な効能として腎臓にも良いとされています。
そして、なた豆には、抗炎症作用もあったり免疫力を高めるコンカナバリンA成分が含まれていたりします。

ですから、長年歯周病や蓄膿症を抱えている方にはかなりお勧めな歯磨き粉です。

うがい薬との違い

口臭対策でうがい薬を使用する女性

口臭予防にうがい薬を使う方たちも多くいます。

しかし、いざ使ってみると色々と不都合な問題が出てくるようです。

例えば、刺激が強いうがい薬ですと口の中に3秒も含んでいられないという方が多くいます。

これでは、口臭に聞く成分が浸透する前に外に吐き出すことになってしまいます。
また、刺激が強いということは胃に対しても刺激が強いということです。

うがいの時に口胃に含んだものは少量でも胃の中に落ちていきます。
そうすると、何回かうがい薬を使った後に胃が痛くなってきたというコメントが多くありました。

その点、口臭予防歯磨き粉は継続して使い、効能成分がしっかり浸透するように専門家によって作られているので安心です。

サイト案内人

口臭にしっかり取り組んでいくためにも口臭予防歯磨き粉を使ってみましょう。