サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

自分の口臭レベルを知る

ふと自分の口臭が気になる男性

口臭は自分ではなかなか気が付きにくいものです。
それだけにどれだけ周りに口臭で迷惑をかけているのか、そもそも臭っているのかどうかさえ分からないことがあります。

サイト案内人

では、どのように
自分の口臭レベルを知ることができるのでしょうか。

歯医者さんで知る場合

歯科医で口臭対策の治療を受ける男性

最近では、口臭に対する関心が日本では高まってきています。

今までは、あまり気にしたり、病院側も高い認識を持ったりしていませんでした。
しかし、アメリカをはじめとする欧米は歯並びや口臭に対する関心がとても高い国々です。

美しい歯並びはもちろんのこと、清潔な口臭はいつも気にすべきこととして考えられています。

特に口臭を気にすることはエチケットとして認知されています。

それで、最近は日本でも口臭予防や対策に専門的に取り組んでいる歯医者さんが多くみられるようになってきました。
歯医者さんには口臭レベルを確認するための様々な専門的な機器があります。

例えば、ハリメーターと呼ばれる測定装置です。

これは、機器から出ているストローをのどの奥の方へ入れて、数十秒すると、息の中にある硫化物のガス濃度が測定されます。
これによって口臭がどれくらいのレベルなのかを数値ではっきり知ることができるのです。

オラルクロマという装置はさらに細かく口臭を分析できる装置です。

口臭の原因となっている成分を割り出すことができます。
例えば装置を口の中に1分間ほど咥えていると、原因が、硫化水素やメチルメルカプタンなのか、それともジメチルサルファイドなのか、測定されます。

これらのうちのいずれかの場合や、組み合わさっている場合もあり、その割合をお医者さんが見ることによって口臭治療を決めていきます。

簡単にできる方法

舌を出して舌苔をチェックする男性

わざわざ歯医者さんに行かなくても簡単に口臭レベルを知る方法はあるのでしょうか。
いくつかあります。

例えば、舌苔をチェックする方法です。
舌苔とは下をべーっと出したときに、表面についている白い垢のことです。

もしこの白い垢がびっしりとした全体についているとしたら、細菌が異常に繁殖している症状であり、かなりきつい口臭がしている可能性があります。
そして、手のひらを自分の口に当てて確認することもできます。

この方法はきつい口臭の時には気が付きますが、それほどでもない場合は気が付きにくいのが難点です。
そういった時には、手の甲に自分の唾液を付けてそのにおいを確認しましょう。

その唾液を少し乾かしてみて、きついにおいがするならそれが自分の口臭レベルです。

また、自分の口の中に少しの時間、綿や綿棒などを入れて、そのにおいをかぐ方法も客観的に匂い分析をすることができます。

口臭チェッカーはどう?

口臭チェッカーで息をチェックする女性

電気屋さんなどに口臭チェッカーが売っていますので、それを利用することもできるでしょう。

歯医者さんにあるような専門的なものではないですが、ある程度の口臭レベルを知ることはできます。
機械にふっと息を吹きかけると自動で測定してくれます。

ブレスチェッカーとも言われるものですが、だいたい2,000円から2,500円くらいで売っています。
口臭のレベルを6段階で表示してくれて、測定時間は10秒ほどです。

機種によっては厳しい検査結果になることもあります。

こういった口臭チェッカーは接客の仕事などをしている方が多く利用しています。
仕事の前などにチェックすることによって、何かしらの対策をすることができます。

口臭による不安

自分の口臭で不安になる男性

口臭チェッカーなどを使って確認していても、もしかしたら自分の口臭で周りに迷惑をかけているのではないかと心配する人がいます。
話をしているときに、相手の人がちょっと鼻に手を当てただけで、自分の息が臭っていると考え、緊張し、もう話せなくなってしまうのです。

しかし、そこまで神経質になる必要はないでしょう。
人はクセで鼻に手を当ててしまうこともありますし、自分の口臭が気になってつい鼻に手を当ててしまったということもあります。

あまり気にしすぎないほうがよいでしょう。

気にしすぎてしまうと、むしろ精神的なストレスを抱え、唾液の分泌量が減り、余計口臭がきつくなってしまうこともあります。
ですから、口臭チェッカーなどで検査をして、数値が高くないなら気にしなくて良いと言えます。

口臭チェッカーのレベルが1や2なら顔の真ん前に鼻を持ってこないと気がつかないようなレベルです。
口臭レベルを測定するときにお勧めな時間帯は朝起きた時です。

朝はいちばん口臭がきつくなる時間です。
寝ている間は唾液がほとんど分泌されないので、口の中がくさくなるのです。

もし、虫歯などの原因で匂いがするなら、朝測定すると高い数値が出ることでしょう。
その場合は、歯医者さんに行って治療することを強くお奨めします。

それほどの数値ではないなら、歯磨きやサプリなどのセルフブレスケアで対処できます。

口臭には胃酸過多などの症状ゆえのツンとした匂いから、虫歯の菌が原因の腐敗臭のようなものまでいろいろとあります。

サイト案内人

まずは、上記の方法を使って自分の口臭レベルを確認しましょう。