サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

家族・友人への口臭指摘は?

口臭の問題をどうやったら上手く伝えられるか悩む男性

口臭に自分が悩むのも辛いですが、自分の周りの家族や友達で口臭がきついというのも辛いものです。

では、どのように教えてあげることができるでしょうか?

サイト案内人

相手を傷つけずに上手に教えてあげるにはいくつかのポイントを知っておく必要があります。

相手が口臭を意識しているか

相手が口臭を気にしているか考える男性

口臭について教えてあげるかどうかを決めるときに、大切なポイントになるのが、相手が自分の口臭を認識しているかどうかです。

もし、自分の息がくさいと知らないのであれば、教えるタイミングに対してかなり慎重にならなければなりません。
考えてもみなかったことを聞かされるわけですから、教えた時にはかなりショックを受けるはずですし、恥ずかしくなることでしょう。

最悪な場合、友達であれば友情関係が壊れてしまうこともあり得ます。

教え方や伝えるタイミングは十分気を付ける必要があります。
また相手が口臭を意識しているなら教えてあげやすいかもしれません。

では、相手が問題を意識しているかどうかをどのように見分けることができるでしょうか。

例えば、口臭を意識している人はよくガムをかんでいる事が多い様子です。
また、定期的にトイレに行き、うがい薬を使っています。

トイレから帰ってきたときに必ずうがい薬の匂いがするなら、口臭に気を付けているのか?と考えることができます。
また、相手と面と向かって話したがらない人や、顔が接近しての会話の時はあまり口を開けず、うなずいている事が多いというのも見分けるポイントです。

誰まで教えるべき?

友人や知人

口臭が気になる人がいるとき、対人関係の距離感として一体誰まで教えてあげるべきなのでしょうか。

例えば、家族であれば知り合いよりも教えやすいと感じるでしょう。
相手が嫌がるようなテーマですが、相手のためにもなることですから、家族なら教えてあげたいと思います。

その時に、気を付けたいのは話す方と聞く方の関係性です。
もし娘の口臭がきついなら教えてあげるのは父親ではなく母親からの方が本人も受け入れやすいでしょう。

難しいのは家族以外の場合です。

会社の人や学校の友達などに伝えるのはかなり気を使うものです。
もし相手が上司だったり、先輩であったりするならかなり難しいでしょう。

相手との信頼関係があるかないかが大きなポイントとなります。
その人にもし教えてあげなければ、周りの人からよく思われないとか、営業活動などに支障が出るなどという使命感や思いやりがあれば教えてあげることができるかもしれません。

またその時に教えてあげやすいのは同期の社員でしょう。
同じ部署で同じ仕事をした人などはある程度の信頼関係や友情関係があるので、教えてあげやすいかもしれませんね。

教え方

口臭悪化の原因・餃子

いざ、口臭について教えてあげるときにどんな方法があるのでしょうか。

例えばガムを使う方法があります。
ガムをあげるという方法ですが、その時に直接、口臭がきついからガムでも噛んだらというのは絶対にダメですね、本人はショックを受けます。

そうではなく、口臭という言葉を使わずに、臭いのことを伝えたいと思います。

前日の夕飯をテーマにするのが効果的です。
話しの中で餃子を食べたという情報を聞き出した場合は「昨日、餃子でも食べたの」「まだ臭いが残っているかもよ」などということができるでしょう。

そして自分も昨日食べた焼き肉の匂いが気になるから、ガムを食べているんだけど食べない?と尋ねてガムをあげることができるでしょう。
これは相手を傷つけることなく口臭を指摘できる良い方法です。

さらに、歯医者を勧めるという方法もあります。

例えば、口臭の問題を抱えている同僚の歯が痛いと言っていたならどのような方法で助けてあげられるでしょうか。

自分も前に虫歯を放っていたら、虫歯が膿んでかなり臭くなってしまった、その臭いがあまりにもきついので気持ち悪くなったり、頭が痛くなったりしたと自分の経験を話すことができるかもしれません。

それから、歯医者に行って、すぐに問題が解決したと教えてあげられるでしょう。

また、営業や仲間と打ち合わせをするときに、もし臭いがきつかったらマイナス評価になっちゃうから、予防のためにも歯医者に早めに言った方がいいと付け加えるなら、相手のことを思いやっていることをアピールできるでしょう。
相手も受け入れやすく感じます。

口臭について伝えた後

口臭の問題を指摘した後、普通に雑談する友達同士

口臭について教えてあげた後はどうすべきでしょうか?

相手が「そうかわかった」といったなら、口臭をテーマにした話はもうそこまでにしましょう。
特に、相手がすぐにほかの話題に会話を切り替えたならそれに合わせてあげましょう。

そのケースは自分も薄々気づいていたのかもしれません。
しかし、いつから匂っていたのかとか、かなり気になるのかなどを聞かれたなら、良い対処方法を教えてあげましょう。

相談にはきちんと乗ってあげたいと思います。

口臭というのは病気が原因の場合もありますので、これらのポイントを踏まえて相手に伝えてあげることは大切なことと言えるでしょう。

サイト案内人

大切な人であればあるほど、思いやりを持って口臭について教えてあげましょう。