サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

口臭を嫌がられ営業成績がダウン

身だしなみやマナーに気を使っているビジネスマン

営業マンは人一倍身だしなみやマナーに気を付けるものです。

しかし、営業マンで口臭が原因のために営業成績がガクッと下がってしまった人が結構います。
身だしなみには厳しい営業マンなのにどうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか。

なぜなら、身だしなみは鏡を見ればチェックできますが、口臭は自分ではなかなか確認しづらいからです。

サイト案内人

では、どんな体験談が寄せられているでしょうか。

40代男性の場合

ある40代の男性の体験です。

大事な商談前に緊張している営業マン

自分は緊張しやすい性格と認識しています。

それで、営業に行くときはリラックスするためによくコーヒーを飲んでから出かけていました。
そうするとほっとして、気持ちが少しほぐれるのです。

顔見知りのお得意さんの所ではそんなに緊張しません。
でも、以前にクレームをもらっている会社や大きな注文をとれるかどうかの大事な営業の時はかなり緊張します。

ただ、上手に応対したりプレゼンができるようにしたりときちっと準備はしていきます。
先輩や上司にも事前にチェックしてもらって、これなら大丈夫と太鼓判を押してもらいます。

それなのに、ある時期から次々と営業成績が落ちてしまったのです。
大きなクレームが以前にあったお得意先の担当者と雑談をしていた時、突然「もうあなたじゃなくて、他の担当者にしてくれないかな」と言われたことがありました。

また、まとまった注文を取れるかもしれないプレゼンの時に、あんたの話はちょっと聞いていられないとも言われたのです。
ここまでの極端な反応ではないにしろ、他の会社からも次々と避けられるようになってしまいました。
どうしてなのだとかなり悩んだのですが、実は口臭が原因だったみたいです。

信頼できる同僚に相談してみたら、実は、と言って普段から口臭が気になっていることを教えてもらいました。
どうやら、緊張しすぎてドライマウスの症状が定着しており、さらにコーヒーによってさらに体の水分が減り、口の中が乾いてしまっていたようでした。

まさか、口の中が乾くことによってこんなに口臭によって周りの人に嫌な思いをさせていたとは全く考えませんでした。
そのあと、友達から勧めてもらった、保湿剤入りのマウスウォッシュを使うようにしました。

そして、歯医者さんにも通うようにし、ドライマウスを改善する方法をしっかりと教えてもらいました。
親切に食事の習慣や生活習慣までもどう変えたらいいのかを教えくれました。

今では、プレゼンの時などに相手の反応を見ながら、自分の口臭が悪化していないかを確認しています。
同僚からも、もう心配するなと言われ、自信を持って営業活動ができるようになっています。

このコメントにもあるように、口臭によって営業の成績は大きく変わってしまうことがあります。

サイト案内人

緊張した時の口臭対策は色々とありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。