サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

食べ物選びで口臭予防

口臭予防で歯をしっかり磨くための歯ブラシ

歯をきちんと磨いても、日頃摂取している飲食物によっては口臭を引き起こします。

口が臭くなる定番の食べ物から、あまり知られていない食べ物まで、周りに迷惑をかけないためにもエチケットとして覚えておきましょう。

ラーメン屋や焼き肉屋へ行く人は定番食材に要注意

口臭の原因になる美味しそうな焼き肉

アリシンという成分の含まれた食材は、体内に取り入れ分解されると、臭いを発生させる原因となります。

具体的にはニンニクやキムチ、らっきょう、にら、長ネギ、玉ねぎなどです。

ラーメンや焼き肉のメニューでも、ニンニクやにら、ねぎは使用頻度の高い食べ物となります。

味にアクセントが付いたり、刺激を楽しめる食材でもありますので、大好物だという人も少なくないでしょう。
血液をサラサラにしたり、高血圧や動脈硬化予防にも効果的だと言われている成分ですが、体内からの悪臭を断つためには避けた方が良いです。

口臭の原因になるビールやアルコール類

またアルコール口臭を引き起こします。

飲酒により肝臓ではアセトアルデヒドという成分が生まれ、これが悪臭を放ち始めるからです。
アルコールには、トイレが近くなる利尿作用も加わっており、水分を排出すれば口内が乾燥します。

口の渇きは臭いを助長しますので、お酒との相性が良い前述した食べ物の力も加わり、口臭は一気に悪化します。

舌苔ができやすくなる食べ物

舌苔とは、舌の表面に付着した白い汚れのことです。

口臭の原因になりやすい納豆など発酵食品

白い塊は細菌であり、舌苔が増えていくと口臭も酷くなっていきます。
チーズや納豆、漬け物を頻繁に食べていると、食べカスが細菌へと変わり舌苔を増やします。

こうした食べ物はそれ自体が醗酵されていますので、口に入れただけでも独特のニオイが染み付いてしまいます。

あまり知られていない口臭の原因となる食べ物

口臭の原因になるアブラナ科の野菜

いくつかの食材を紹介してきましたが、どれも口が臭くなりそうなイメージはあったはずです。

それではブロッコリーやキャベツ、小松菜といった、アブラナ科の野菜を食べる事でも口が臭くなることをご存知でしょうか。
アブラナ科の野菜には、インドールと呼ばれる成分が含まれており、食べ過ぎると口臭が強まります。

インドールはオナラの臭い成分でもあるため、アブラナ科の野菜を多量摂取すると、口内まで便やオナラ臭くなるのです。

他にも柔らかい食べ物は、噛む必要がないために唾液が十分に分泌されません。

口の中の唾液量が低下すると、乾燥しやすくなります。

サイト案内人

食事は噛んで食べる柔らか過ぎる食べ物はあまり選ばないようにすると、口臭の悪化を防ぐことができます。