サプリ・スプレーで予防・ボタン(スマホ用)歯磨き粉・歯ブラシで予防・ボタン(スマホ用)歯科治療で治す・ボタン(スマホ用)
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

口臭予防専用歯ブラシの効果

口臭を予防する歯ブラシ

口臭予防のために専用歯ブラシは非常に効果的です。

ただ、少し値段が普通の歯ブラシよりも高くなるために、普通のものでもよいのではないかと感じる方もたくさんいます。

サイト案内人

しかし、口臭予防専用歯ブラシの効果を知るなら、納得できると思います。

歯周病に効果あり

歯周病の原因歯とばい菌

口臭の原因になるほとんどの理由は歯周病です。

歯の隙間に磨き残しの食べかすなどが残り、それが炎症のもととなります。
歯と歯茎の間の隙間にもかすが残りやすく、そこから歯周病になることがあります。

歯周病が進むと、悪玉菌により食べかすだけでなく歯茎も腐ってきてかなりきつい臭いを放つことがあります。
しかし、口臭予防専用歯ブラシは、普通の歯ブラシで出てしまう磨き残しを防ぐための専用設計となっています。

ある専用歯ブラシは、毛の向きが逆V字型となっています。
それにより、歯ブラシなのですが歯間ブラシのような機能も果たすことができるようになっています。

歯と歯の間に毛が折れずに入り込んだり、歯と歯茎の間の隙間にいくつもの毛先が入って不要なものを根こそぎとったりすることができるような仕組みなのです。
ちょうど爪楊枝でしっかりとごみをとるような感じです。
逆V時の形により、毛の先端が力強く動くような特別設計になっており毛先がへたらないような専用ケースも付いていますので、いつでも逆V字の形が保てるようになっています。

この歯ブラシは歯肉炎や歯周炎などの歯周病の問題を抱えている方が多く利用しています。

ナノテクノロジー

口臭予防歯ブラシで歯みがきをする女性

ナノテクノロジーを利用した口臭予防専用歯ブラシもあります。
毛先の表面に特殊な加工が施されていて、普通の歯ブラシでは落とせないような汚れを落とします。

食べ物や口内の粘膜がはがれたものというのは粘着質です。
さらに、ドライマウスなどの問題を抱えていると汚れを流し落とす唾液が少ないので、より汚れの粘着性が増します。

それゆえに、一般の歯ブラシでは、汚れが歯にぴったりと付着しているので、なかなか落ちません。
しかし、この専用歯ブラシはそんな汚れをきれいに取ってくれるのです。

なぜなら、歯ブラシの先にナノシオンドリームテクノロジーという技術が使われており、歯にこびりついている汚れの小さな隙間まで水分を運んでくれるからです。
汚れに対する親水性が普通の歯ブラシとはけた違いに強いために結果として、汚れが歯に付着している面にも水が入り込み汚れを簡単にはがすことができます。

この歯ブラシは洗浄能力が圧倒的に高いので、歯磨き粉も必要ないというくらいです。
水を含ませて洗うだけで口の中がさっぱりするのです。

一本一本の毛は0.1ミリという細いものですが、そこに細かな加工が施され、歯ブラシのボディも歯に力が程よく伝わるような設計になっていることを考えると、通常の歯ブラシよりもかなり手がかかっており、効果もあると考えられるでしょう。

その特殊な毛先のゆえに、歯茎を磨いても痛くないと言われています。
口内環境に非常に関心の高いアメリカでも高評価を得ている歯ブラシです。

歯科矯正をしている人

口臭対策の歯科治療を受ける男性

歯科矯正をしていると口臭に悩まされることがあります。

歯の矯正器具に汚れがたまりやすくなったり、口が開いたままになる時間がどうしても多くなり口の中が乾燥したりして口臭がきつくなることがあります。

矯正をしている間の口臭の一番の原因は歯医者さんによると磨き残しということです。

どんなに、矯正器具の周りをきれいに磨いたとして、汚れは残っているものです。
しかもその汚れが落とされずに何週間もたつと腐敗臭がしてきますし、歯周病になってしまうこともあります。

それで、歯科矯正の治療をしている間に使うことができる歯ブラシがありますので矯正中はそれを使うようにしましょう。
毛が少し硬めの商品となっており、矯正器具と歯の間にきれいに入り込むような専用の山切りカットとなっていますので上手に汚れをかき出してくれます。

さらに、矯正器具の周りの小さな汚れをきっちり落としたいという方にはワンポイントブラシがお勧めです。
やはり、少し硬めの毛が小さな束になっており、ワンポイントで磨いていくことができます。

この小さな山切りカットの設計が絶妙で、矯正器具にいちいち引っかかるストレスを感じずにケアができるようになっています。

歯ブラシの力を引き出す

口臭対策に効果のある歯ブラシ

どんなに口臭に効果のある歯ブラシを使っているとしても、歯磨きの方法が正しくなければ宝の持ち腐れです。

歯の正しい磨き方は、歯ブラシの毛先を歯と歯肉に90度の角度で軽くあてるようにします。
そして、力をあまり入れないようにして、小刻みに動かすようにします。

この時意識したいのは歯をまとめて洗うのではなく、一本一本丁寧に洗っていくことを意識しましょう。

まず、歯の一番正面から始めて、それから両サイドを磨いていきたいと思います。
歯の全面を全体に磨くのに大体10分くらいをかけ、そのあと裏を磨くのにもう10分をかけるようにしましょう。

サイト案内人

様々な口臭予防専用歯ブラシがありますので、自分のニーズに合ったものを慎重に選んで行き、正しい歯磨きをしていきましょう。